タグ別アーカイブ: 5人乗り

Honda Element(ホンダ|エレメント)in USA, Seattle / Portland 〜 海外街歩きスナップ

昨年、秋の渡米時に収めたHonda Element(ホンダ|エレメント)のスナップ集です。

シアトル、ポートランドの街中でしょっちゅう見かける事ができ、
エレメントは北米市場で人気があった事がうかがえました。
(日本では2005年まで輸入されており、アメリカでの生産は2011年で中止となった。)

↓↓詳しくはこちらの記事もご覧ください↓↓
大きな箱。国内では不人気で、生産終了したが・・そのポテンシャルは高い!? ホンダ「エレメント」

ファーストスナップはシアトルから。

日本では展開されなかったカラー「アトミックブルー・メタリック」。
このカラーを一番見かけました。

こちらはポートランドにて。
街のカラーにもなんだかマッチしてますね。

大きなデカールが貼られた、社用車もみつけました。
こちらはホームシアター関連の会社でした。

続いて、日本でも展開されていた「サンセットオレンジ・パール」。

駐車場のエレメントも逃しません!
こちらちょっとレアなグラディングのカラーがブルーのモデル。
ボディ×グラディング(樹脂パーツ)の組み合わせを
オリジナルでセレクト出来る時代があった様です。

お次は「ナイトホークブラック・パール」。

最後に個人的には一番好きな「ガラパゴスグリーン・メタリック」・・・
と、思いきや、「キウイグリーン・メタリック」と呼ばれる日本未展開カラーでした。


iphoneでとっさに撮ったでの、ブレ気味。

最近は日本国内でも人気が高まっているのか、 走行距離が短いタマなど
以前よりも高騰している様に思います。街中で見かける事も増えました。

そんなこんなで、手に入れるのは今がチャンスかもです!

今の“いかつい顔”のハイエースはキライだから、“カワイイ顔”のタウンエースバンを選びたい

今回は「ちょっと古く」は、ないです。

土建屋さんやサーファーに不動の人気を誇るTOYOTA ハイエース。
実際利便性を考えると、他に選択肢がない位この車に落ち着きます。
(NISSAN NV350キャラバンもあるが、、)

15056322110_6c7dc0d092_bPhoto credit: MIKI Yoshihito (´・ω・) / Foter / CC BY

しかし、その顔は何ともいかつい。。
9503760618_f66a8029d3_b
Photo credit: amslerPIX / Foter / CC BY

以前ヨンリンでも紹介した、初代のハイエースや3代目の前期位までが
デザイン的にはGOODです。

2代目 ハイエース
986660431_61c03e7543_o
Photo credit: Reuben Whitehouse / Foter / CC BY-ND
“いかつい顔”が好きな方が多いのかもしれないが、
やっぱりちょっと愛らしい方が好き。
そんな方にオススメなのが、現行モデルのTOYOTA タウンエースバン。

 

スペックの詳細は割愛するが、ポイントは

・使いやすい5ナンバーサイズ
・良い意味でファニーフェイス
・5人乗りのモデルでもリアにかなり荷物が載る
(もちろん、リヤシートはたためる)

その他のポイント↓
http://toyota.jp/townacevan/004_b_007/dynamism/body/

グレード
エンジン
駆動
トランス
ミッション
乗車定員
メーカー希望小売価格
1.5L
2WD
5M/T
2人乗り《5人乗り》
1,566,982円
(消費税抜き1,450,909円)
1.5L
2WD
4A/T
2人乗り《5人乗り》
1,654,363円
(消費税抜き1,531,818円)
1.5L
4WD
5M/T
2人乗り《5人乗り》
1,853,673円
(消費税抜き1,716,364円)
1.5L
4WD
4A/T
2人乗り《5人乗り》
1,941,055円
(消費税抜き1,797,273円)
1.5L
2WD
5M/T
2人乗り《5人乗り》
1,721,127円
(消費税抜き1,593,636円)
1.5L
2WD
4A/T
2人乗り《5人乗り》
1,808,509円
(消費税抜き1,674,545円)
1.5L
4WD
5M/T
2人乗り《5人乗り》
1,998,000円
(消費税抜き1,850,000円)
1.5L
4WD
4A/T
2人乗り《5人乗り》
2,085,382円
(消費税抜き1,930,909円)

あえて、低グレード、ウレタンバンパーの「DX」「5MT」を選びたい。
中古で安いタマを探して、純正カラーにはない「マットグレー」なんかに全塗も良いかも。

car_image
※合成イメージです。
アンダー100万の中古車も多数あるので、お気に入りの一台をみつけてみては!?

これは欲しい☆ ’81 ダットサントラック720 Wキャブ。前期の丸形ヘッドがカワイイ!!

datsun
ダットサントラックの中古車 (北海道|MARCLE):詳細情報/カーセンサーnet

ヨンリン中古車情報☆
出てましたよ〜「DATSUN TRUCK(ダットサントラック/720型)」。
(日産の小型車ブランドである「ダットサン」、現在は新興市場向け
のブランド名として存在している模様。)

ダットサンといえばダットラ!そう、ダットサントラックです。
これぞまさしくヨンリンのお手本的車であり、

・あまり見かけない
・個性的
・荷物が載る
・無骨

・・・特徴をあげたら切りがありません。
年式的にはちょっと古すぎるかもしれませんが、
次のモデル、D21型になると、急に普通な感じになってしまいます。
(D21も悪くないですよm_ _m)
そこは愛着をもって大事にしていきたい所。

当時のカタログもそそります(笑)
8170441126_002397bcf1_b
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

こちらは後期の角目でシングルキャブ、いや、キングキャブwですね。
8170412687_7c0da009bf_b
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

今回の車両のポイントは
・希少な720型
・5MT
・ガソリン車(L18型/1800cc)
・5人乗り
・バイクスタンド付き☆
・マッドタイヤ
・フレーム延長 構造変更公認済
・シンプルなベージュBODY

うぅーーー、欲しい。
荷物は載るわ、人も乗るわで、何処でも連れて行ってくれそう☆

まずは、丸目4灯のグリルから
jpeg-1
激シブっす。黒のグリルにオレンジのウインカーがたまりません!!

つづいて、サイドから
jpeg-2
長っ! シングルサイズのテントが張れそう!?

そして、その荷台部分
jpeg
バイクスタンドが付いてます☆ 本当、荷物たっぷり載りそうですね。
モデルは違うけど、リアにバイクを積めばこんな感じに!?

13217852313_d709c8e2ee_h-1Photo credit: SenseiAlan / Foter / CC BY

最後はリアシート
jpeg-3
リアもしっかりとクリアランスが確保されてます。

いや〜、カッコイイ。
こんなダットラを捕まえて、この夏疾走してみませんか!?

 

今すぐチェック!!!【車体情報|カーセンサーnet|MARCLE(北海道)】

週末アウトドアに最適☆VW ゴルフのアウトドア仕様 GOLF COUNTRY(カントリー)

3090395973_4e14c095aa_oPhoto credit: ilovebutter / Foter / CC BY

2代目ゴルフのフルタイム4WDモデルのGolf Syncro(シンクロ)をベースに
車高を上げ、バンパーやリアハッチにタイヤキャリアなどを付けたアウトドア仕様。
さらにルーフキャリアなんかつけて、無骨に仕上げたい。

リアバンパーのステップがカッコイイ。
フラットなんで、フォールディングチェアを横に置けば
ちょっとしたカフェテーブルになりそう。

7618298886_c8466cef2b_z

日本では1991年まで販売されていたというが、
総輸入台数はなんと110台(Wikipedia調べ)との事。
まぁ、並行輸入はまだあったにしても、かなり希少車ということは間違いない。

3090395919_5b1b8638d0_z

この希少なゴルフ カントリーが、なんと
神奈川のGarage Verdeさんで販売中です(15/06/01現在)
無料の在庫確認・見積依頼はコチラ→今すぐチェック!!!
【車体情報|カーセンサーnet|Garage Verde(神奈川県)】

それがこちら↓

golfcountry

ゴルフ カントリーの中古車 (神奈川|Garage Verde):詳細情報/カーセンサーnet

本体価格も109.9万円と手が出ないプライスではないのでは?
(でも、通常モデルのゴルフの相場から考えると2〜3倍位はするかも・・)
色もソリッドブラックで渋く決まってます。5MTというのも高ポイント◎


jpeg-1U00011874853_19_001

レザーシート&MOMOステ&サンルーフ付きです。
大人5名がしっかり乗れて、サイズの割には荷物も載ります。
サーフボードなどの長モノやキャンプ道具を詰めたRVボックスなど
載せる場合は、大人しくかわいいルーフキャリをつけましょう(笑)

こんなやつ(THULE エクスペリエンス)↓

絶対似合うかと。

U00011874853_6_001

サイドもオリジナルの「COUNTRY」ロゴデカール付きですね。
この希少なモデルに乗れるチャンスはそうそうないかと思われます。
今年の夏はゴルフ カントリーでアウトドアを楽しんじゃいましょう!

無料の在庫確認・見積依頼はコチラ→今すぐチェック!!!
【車体情報|カーセンサーnet|Garage Verde(神奈川県)】

50万以下のタマも多数!?クロカンボルボ VOLVO V70XC 2.4T やっぱりウレタンフェースは格好イイ☆

4195677163_67d20583b6_b
Photo credit: Nick / KC7CBF / Foter / CC BY-NC

このボルボには「V70XC(2000年〜)」と「XC70(2002年〜)」というモデルがある。
デザイン上は大差ないが、排気量や駆動などに違いがある為、探す際はその辺りも
念頭において探してみましょう。

通常のV70に比べ、車高が高いため乗車のし易さや、悪路の走破性が高くなっています。
ボルボなのに泥が似合いそうな所が◎ですねー。
その長い車体の為、積載性は悪くないと思いますが、是非、ルーフキャリを付けて欲しいです。
キャリアをつける事でロングボードなんかも積めちゃいます。

3243768867_8646b58bee_o
Photo credit: naezmi / Foter / CC BY-NC-SA

3243768873_5dbebbea79_o
Photo credit: naezmi / Foter / CC BY-NC-SA

これはXCではないですが、雪道にも映えますね〜黒のテッチン(笑)
内装に関してもレザーのタマも多数あり、この程度の中古価格にしては
ラグジュアリー感を味わえると思います。

内装はリンク先の各車体の写真から確認してみてください。
カーセンサーのレビューはコチラ→

 

程よい、アーバンっぽさも出ているので、
アウトドア過ぎる車体に抵抗がある方にもオススメします☆
★ちなみに緊急用!?だが、3列シート7人用のモデルもあります。

荷物をたくさん積んで、バタバタ走ろう!!VWタイプ3 バリアント(フォルクスワーゲン タイプIIIバリアント)

524915988_aac6d7fd8e_oPhoto credit: Count Rushmore / Foter / CC BY-NC-SA

VWの空冷水平対向4気筒サウンドを聞いた事ありますか?
まずはコチラをチェック♪

※コチラの動画の車体はカスタムされているので、実際には現車を確認してくださいね。

バタバタ言ってますね〜〜。こんな音をキャンプサイトに響かせましょう(冗)
ヨンリンが特にオススメするのが、ステーションワゴンタイプの「バリアント(スクエアバック)」。
後部座席が倒れる事で中々の量の荷物が積めます。アウトドア/キャンプへもピッタリ!
また、横幅が1605mmと狭いので幅広車が嫌いな方にも◎

3395271709_2244494ab3_b
Photo credit: allenthepostman / Foter / CC BY-SA

3898572680_5e7788517f_b
Photo credit: Basic Transporter / Foter / CC BY-NC

こんな顔した車、中々キャンプサイトで出会えません。
8728672813_db74de496a_c
Photo credit: Nico86* / Foter / CC BY-NC-ND

もちろんフロント窓には「三角窓」が付いてます。(エアコン付きのタマも有りますよ。)
運転する楽しみ、積載性の高さ、ルックスの良さ。。色々詰まったヴァリアントなのでした。

203375595_5ccf5b3432_b
Photo credit: MGSpiller / Foter / CC BY-SA
この車に乗った方は是非キャリアを付けて欲しい^^

説明不要のキング☆TOYOTA「ランドクルーザー60」

5138936789_98000bde78_z
Photo credit: Toyota UK / Foter / CC BY-NC-ND

SUV好きは誰もが一度は憧れたはず。
「ランクル60」ことTOYOTA 60系ランドクルーザー。
いつか乗りたい。

知らない方が“いたら”の話だが、
ランクル60には見た目の違いとして
ヘッドライトが「角目」、「丸目」の2種
リア扉が「観音扉」、「上下開き」の2種に分かれる。

また、ガソリン/ディーゼル
AT/MT、5人乗り/8人乗り、ロールーフ/ハイルーフ、
ナローボディ/ワイドボディ・・・・
あっ、2種どこではないですね。

詳細は割愛するが、
この時代に所有するには大変な勇気が必要だと思う。
実際、某有名ランクル販売店に見に行った際、
強く購入を反対されました(笑)←維持に覚悟がいるという意味で。

でも、ヨンリン的オススメは
ロールーフ+ナローボディ+リア観音。
リフトアップもあんまりして欲しくないかな。

【ヨンリン的、きまぐれ評価】
外   観  ★★★★★
武 骨 度  ★★★★☆
オススメ度  ★★★☆☆

ロングボディが素敵☆VOLVO「240シリーズ(WAGON)」。道具をガンガン積んで遊びに出かけよう。

5076456751_9f854944aa_b
Photo credit: nakhon100 / Foter / CC BY

大好きなハリウッド映画にも良く出て来る車、VOLVO「240シリーズ(WAGON)」。
最近見た映画では、「テッド」の中にも出ていた。
(変な親子の親父がシルバーカラーの240に乗っていた。カッコイイ・・。)

1975年に登場し19年間も生産された愛すべき車。
「まるでヴィンテージのデニムの様だ・・」とは、
上手い表現かは分からないが、(←誰かが書いていた。)
確かに味のある車という事は間違いないだろう。

年式相応ではあるだろうが、素性はなかなか頑丈の様だ。
街に、フィールド(海も山も似合う)にと、ガンガン使い込んでいきたい車である。
全長4700mm越えでルックスからも分かる様に、リアシート以降には大きな荷室を抱えている。
しかし、ミニバンなどに比べ、車内高があまりない為、
「キャンプ道具などをガッツリ積む」みたいな使い方をするには工夫が要りそうだ。

一般的には、メッキのキャリアなんかが雰囲気にマッチすると考えるだろうが
この方の様に無骨なルーフキャリアを付けるのも良さそう。
↓↓↓
http://kaitekioutdoor.naturum.ne.jp/e1417409.html
このスーリーのキャリア(TH828)が黒で、イイ感じに締まってグッドルッキング◎

中積み出来なければ、上に積んでしまえー。
2413886339_cb631a02ce_b
Photo credit: protorio / Foter / CC BY-NC-SA

個人的にはテールが大好きだ。
さすがは、スウェーデン。
※この車のカーデザイナーは「ヤン・ヴィルスガールド」(wikipediaより)

【ヨンリン的、きまぐれ評価】
外   観  ★★★★☆
積 載 量  ★★★☆☆
オススメ度  ★★★★☆

5ナンバーサイズのSUVで、通る道を選ばず。程よい無骨さが◎な「80’s ハイラックスサーフ」通称ブリハイ。

ハイラックスサーフ(YN-61G)

今回ご紹介の車は、TOYOTAが誇る5ナンバーサイズのSUV「ハイラックスサーフ」
通称「ブリハイ(ブリスターハイラックス)」です。

形式はYN-60、YN-61があり、コンフォート(TOYOTA)など商用車に
搭載されていたエンジンと同系のエンジン(確か3Y-EU)を積み、耐久性には定評あり。

そして、何を隠そうマイファーストカーがこの「ブリハイ」。
カナリアイエローの派手色で、どこを走っていても「○○走っていたでしょう?」と
行動がバレ(笑)、虫からもかなり好かれた。(※虫が黄色が好きな為。)
このタマは再塗装でしたが、当時の同車の低グレードモデルには同色があり。

その特徴は、
・MT/ガソリン(もちろんAT設定、ディーゼルもあり)
・3ドア(サイド2ドア、リア1ドア)
・ラジオアンテナ(電動で上下する)
・パワーウインドウ(リアシート横のウインドウは手動)
・リアウインドウがハッチに吸い込まれる(もちろん電動)
・FRPのホロ(取り外し可)

ハイラックスサーフ テール(YN-61G)

おおよそバブル期の贅沢装備を搭載した変な車で、
最大の魅力は、「5ナンバーサイズのSUVで箱形ボディー」という所。
今じゃ珍しくなった5ナンバーサイズのSUV。

幅が1680mmに抑えられ、狭い道もスイスイと進める。
(※ホイールベースが長めな為、回転半径はそー良くない。)
車内の写真が残ってないのが残念だが、大人5人が十分に
乗れるサイズだったと記憶している。
また、リアシートをたためば、広い荷室が出来上がり、
大人2人が並んで寝るスペースにもなった。
当時は、釣りに、キャンプにと、場所を選ばずどこへでも
連れてってくれた。

5029407762_783efbd5be_b
Photo credit: MSVG / Foter / CC BY

四角のヘッドライト、ガンメタのグリルなど
素直なデザインに好感が持て、四駆入門車としても良いのでは?
(今となっては20年以上昔の車なので、もちろん諸メンテは必要だと思うが。)

ハイラックスサーフ(YN-61G)

このマイカーの終焉は、エアコンの故障(1年半位我慢)に始まり、
車の底よりオイルが滲み出し、修理代に相当額がかかるとの事で、、、廃車。
恐らく海外へ流れていった。
今では「直して乗ればよかったなぁ」と若干の後悔を残す、思い出深い車だ。
良いタマが出てくれば、今でも欲しいかも^^

(イシクマ)

オシャレで小周りが利くフランスの商用車「カングー」。初期フェイスが素敵な理由。

カングー(写真は筆者がフランスで撮った働くカングーの一枚である。本国は銀のスチールホイルが素敵だ。)

今ではどこでも見かけるようになったルノー「カングー」。
POPなカラーリング、使いやすいサイズ感で、男性〜女性まで、幅広く人気がある。

カングーを大きく分けると、5ナンバーサイズで前期モデルの「カングー 1」
そして、3ナンバーサイズの「デカングー」こと、後期の「カングー2(現行モデル)」に分けられる。
小振りなサイズ感も売りのひとつだった為、「カングー2」の好みは分かれるところだ。

ヨンリン的には、初代のカングー「カングー1.4」をオススメしたい。
(走りやトータルバランスが良いのは、カングー1.6(1,600cc)だろう。)

その特徴は、
・丸みを帯びたフロントフェイス
・フロントのオレンジウインカー
・ウレタンバンパー

仕様は様々あるので、注意して探してもらいたい。
詳しくはカングーのファンサイトなどでチェックしてみよう。

(イシクマ)