タグ別アーカイブ: ウレタンバンパー

The American Van Life in USA, Seattle / Portland 〜 海外街歩きスナップ

昨年、秋の渡米時に収めた、とってもアメリカンなバンをメインとしたスナップ集です。

空港に到着して早々、Theアメリカンな山吹色のバンデューラがお目見え。


GMCバンデューラ(Sea-Tac International Airport)

使い込まれたシェビーバンはお尻だけキャッチ。


CHEVROLETシェビーバン(Sea-Tac International Airport)
なんと似たモデルの中古車もカーセンサーで見つけましたよ
↓ ↓ ↓
シボレー シェビー
(販売店:(有)エンドレス ガレージ・ベイサイド/石川県)*2017/2/17現在

 

今度は、シックなカラーのバンデューラです。
枯葉のブラウンと、浅いネイビーがナイスマッチ。


GMCバンデューラ(Seattle,Washington.)

トミカチックなエスティマもどことなくアメリカンに感じます。
ダサいホイールキャップを外した足回りのおかげでしょうか?


TOYOTA エスティマ(Seattle,Washington.)

 

茂みの奥に隠れるのは、FORDのカーゴバン。晴天の空にピュアホワイトが映えます。

FORD Eシリーズ カーゴバン(Seattle,Washington.)*おそらくE-150かな

そして、こちらもFORD Eシリーズの旧型
FORD Eシリーズ カーゴバン(Seattle,Washington.)

Eシリーズといえば、この車がひとつ先代(80年代位)のFORDクラブワゴンです。
(ちなみにこの時代より、商用がエコノラインという名称になったそうです。)

FORD クラブワゴン(Portland,Oregon)

ヨンリン的にはこの年代のモデルが好みです。
カッパーブラウンのやれ具合も最高。
肝心なグリルの写真を撮り忘れてしまいました、惜しい、、

お次は、、

DODGE ラムバン(Portland,Oregon)

これまたナイスカラーな初期のDODGEラムバン。
70年代の車とはいえ、かなりGOODコンディションでした。
何より街にあってます。

 


FORD F-250(Portland,Oregon)

フルサイズピックアップ、FORD F-250は
「SCHOOLHOUSE ELECTRIC&SUPPLY CO.」の裏手に鎮座。
ロケーションも相まって、カッコイイ!

*ちなみに、スクールハウス・エレクトリック&サプライカンパニーは
ポートランドのNW地区にあるオシャレなライフスタイルSHOPです。
SCHOOLHOUSE ELECTRIC&SUPPLY CO.

 

こちらはレアな90年代のFORD、エアロスター商用バン。
マット目なホワイトボディに、潔いテッチンとウレタンバンパーが◎

FORD エアロスター(Portland,Oregon)

 

リフトアップされたアストロは、まるでラジコンみたい。


CHEVROLET アストロ(Portland,Oregon)

ちなみにオレゴン州のナンバープレートは真ん中に木のモチーフがプリントされています。
オレゴントレイルを有する、自然豊かな州ならではのデザインになってます。

日本にもこんな遊び心が欲しいものです。

 

オマケ。

Lockheed Martin SR-71ブラックバード(Museum of Flight,Seattle)

台湾では商用で超人気!VERYCA(ヴェリカ)三菱 タウンボックスワイドの進化版?!

VERYCA(ヴェリカ)??
聞きなれないその車名、今年の1月に台湾で発見した、「VERYCA(ヴェリカ)」について。

台湾の自動車メーカー、中華汽車の小型ワンボックス「VERYCA(ヴェリカ)」。
(中華汽車は三菱自動車の現地パートナー会社)

三菱の「ミニキャブ(タウンボックスワイド)」の改良車で、
現地では商用、乗用問わず、たくさん走ってました。
日本では不人気の「タウンボックスワイド」とは大きく異なり、独自進化を遂げていた。

*中華汽車 VERYCA
http://veryca.china-motor.com.tw/

*台湾のVERYCAのCM

1.3Lの排気量、4,140×1,570×1,950の小型ボディにも関わらず
乗用仕様はなんと3列シート8人乗り(タウンボックスは6人乗り)である。
軽バンを少し大きくした位のサイズ感で、8人乗りは貴重な存在。

オフィシャルサイトでも、スモールクラスの俊敏性をいかし、
商用利用だけでなくアウトドアでの活用も推してました。
2WD/4WDの設定もあり、今どき、すべてMT仕様というのも
ヨンリン的にはかなりアツい!!

そんなVERYCA(ヴェリカ)の街中スナップ in 台北をお届けします。

まずは、最初のシルバーのVERYCA(ヴェリカ)のサイドとバックのカット。

三菱のタウンボックスワイドに比べると、控えめなデザイン。
新型もいたので、ついでにパシャり。

働く車感がとても出てます。カラーの発色も欧州車チックで、割と現在のルノーっぽいかも!?
このブルー(現地カラー名「中藍」だそうです。)は良く見かけました。

このモデルは後部にハッチ式の荷台がついてました。
こんなところにも、前後並んでVERYCA(ヴェリカ)が。

それからバンパー付きのこちらは、
兄弟車?!のVARICA(ヴァリカ)です。
こちらもベースは三菱のミニキャブ。

おっと、これはデリカ。

いたるところにVERYCA(ヴェリカ)が。

そんなVERYCAだらけの台湾ですが、それらをはるかに上回る
超スクーター文化です。街中、スクーターだらけ。
この辺りは姉妹サイトのニリンでお届けしたい。(ウソ)


多謝、台湾!!

Honda Element(ホンダ|エレメント)in USA, Seattle / Portland 〜 海外街歩きスナップ

昨年、秋の渡米時に収めたHonda Element(ホンダ|エレメント)のスナップ集です。

シアトル、ポートランドの街中でしょっちゅう見かける事ができ、
エレメントは北米市場で人気があった事がうかがえました。
(日本では2005年まで輸入されており、アメリカでの生産は2011年で中止となった。)

↓↓詳しくはこちらの記事もご覧ください↓↓
大きな箱。国内では不人気で、生産終了したが・・そのポテンシャルは高い!? ホンダ「エレメント」

ファーストスナップはシアトルから。

日本では展開されなかったカラー「アトミックブルー・メタリック」。
このカラーを一番見かけました。

こちらはポートランドにて。
街のカラーにもなんだかマッチしてますね。

大きなデカールが貼られた、社用車もみつけました。
こちらはホームシアター関連の会社でした。

続いて、日本でも展開されていた「サンセットオレンジ・パール」。

駐車場のエレメントも逃しません!
こちらちょっとレアなグラディングのカラーがブルーのモデル。
ボディ×グラディング(樹脂パーツ)の組み合わせを
オリジナルでセレクト出来る時代があった様です。

お次は「ナイトホークブラック・パール」。

最後に個人的には一番好きな「ガラパゴスグリーン・メタリック」・・・
と、思いきや、「キウイグリーン・メタリック」と呼ばれる日本未展開カラーでした。


iphoneでとっさに撮ったでの、ブレ気味。

最近は日本国内でも人気が高まっているのか、 走行距離が短いタマなど
以前よりも高騰している様に思います。街中で見かける事も増えました。

そんなこんなで、手に入れるのは今がチャンスかもです!

今の“いかつい顔”のハイエースはキライだから、“カワイイ顔”のタウンエースバンを選びたい

今回は「ちょっと古く」は、ないです。

土建屋さんやサーファーに不動の人気を誇るTOYOTA ハイエース。
実際利便性を考えると、他に選択肢がない位この車に落ち着きます。
(NISSAN NV350キャラバンもあるが、、)

15056322110_6c7dc0d092_bPhoto credit: MIKI Yoshihito (´・ω・) / Foter / CC BY

しかし、その顔は何ともいかつい。。
9503760618_f66a8029d3_b
Photo credit: amslerPIX / Foter / CC BY

以前ヨンリンでも紹介した、初代のハイエースや3代目の前期位までが
デザイン的にはGOODです。

2代目 ハイエース
986660431_61c03e7543_o
Photo credit: Reuben Whitehouse / Foter / CC BY-ND
“いかつい顔”が好きな方が多いのかもしれないが、
やっぱりちょっと愛らしい方が好き。
そんな方にオススメなのが、現行モデルのTOYOTA タウンエースバン。

 

スペックの詳細は割愛するが、ポイントは

・使いやすい5ナンバーサイズ
・良い意味でファニーフェイス
・5人乗りのモデルでもリアにかなり荷物が載る
(もちろん、リヤシートはたためる)

その他のポイント↓
http://toyota.jp/townacevan/004_b_007/dynamism/body/

グレード
エンジン
駆動
トランス
ミッション
乗車定員
メーカー希望小売価格
1.5L
2WD
5M/T
2人乗り《5人乗り》
1,566,982円
(消費税抜き1,450,909円)
1.5L
2WD
4A/T
2人乗り《5人乗り》
1,654,363円
(消費税抜き1,531,818円)
1.5L
4WD
5M/T
2人乗り《5人乗り》
1,853,673円
(消費税抜き1,716,364円)
1.5L
4WD
4A/T
2人乗り《5人乗り》
1,941,055円
(消費税抜き1,797,273円)
1.5L
2WD
5M/T
2人乗り《5人乗り》
1,721,127円
(消費税抜き1,593,636円)
1.5L
2WD
4A/T
2人乗り《5人乗り》
1,808,509円
(消費税抜き1,674,545円)
1.5L
4WD
5M/T
2人乗り《5人乗り》
1,998,000円
(消費税抜き1,850,000円)
1.5L
4WD
4A/T
2人乗り《5人乗り》
2,085,382円
(消費税抜き1,930,909円)

あえて、低グレード、ウレタンバンパーの「DX」「5MT」を選びたい。
中古で安いタマを探して、純正カラーにはない「マットグレー」なんかに全塗も良いかも。

car_image
※合成イメージです。
アンダー100万の中古車も多数あるので、お気に入りの一台をみつけてみては!?

元祖ミニバン☆本当にミニなのか!?アメリカンミニバン、Chrysler Voyager(クライスラー・ボイジャー)

今回のご紹介は、元祖アメリカンミニバン☆Chrysler Voyager(クライスラー・ボイジャー)です。中でも、日本に正規輸入された3代目を中心に。

初めて見たそれは、白ボディにアメリカンレーシングのホイールを履いてフルスモーク。
リアにドラッグレース系のブランドやのアウトドアブランドのステッカーを
貼っており、何ともグッドアメリカンな仕上がりでした。すかさず車種を調べたのを覚えてます。

車幅1951mmと、何とも巨大なサイズは、お世辞にも日本ではミニバンとは言えないかなぁ・・^^;
その時、当時の私の注目車種からは外れました。
しかし、魅力は外観だけではないのです。このボイジャー、フルサイズの車格を活かし
しっかりとした3列シート(2-2-3)を採用。ゆったりと7名乗れちゃいます。

どうせミニバンに乗るなら、こんな車を選びたい。サイドの傷はご愛嬌。6363353537_7d1e392061_b
Photo credit: Spanish Coches / Foter / CC BY ※写真はキャラバン

当然ヨンリン的には、2代目の「Dodge Caravan」(別名:プリムス・ボイジャー *1)の方が
完全にヤラれてしまいますが、こちらは正規輸入されていない為、日本の中古車市場では
ほとんどみかけません。
8760782101_38dbd5f5c8_c
Photo credit: order_242 / Foter / CC BY-SA

15470607321_5d39e57a29_cPhoto credit: order_242 / Foter / CC BY-SA

背の低いハコ感がカッチョいー☆

*1・・Chrysler Voyagerは世代で様々なブランド名で販売されています。
本来はダッジのキャラバンというミニバンとして誕生しました。
クライスラーのダッジ ブランドでは「キャラバン」、プリムスブランドでは「ボイジャー」
同じくクライスラーでは「ボイジャー」(ロングモデルのグランドボイジャーも有)と
いった感じです。

 
現実的に入手可能なレベルでいくと、3代目の「Chrysler Voyager」となります。
ルックス的にオススメは前期。グリル形状がシンプルなのと(ダッジFace??)
やはりウレタンのドアノブやバンパー使いで、若干商業感のある趣が◎
4529916052_60a9b6f5e0_b
Photo credit: bsabarnowl / Foter / CC BY 
※写真はキャラバン

3773561291_879b1c36bd_o
Photo credit: Faryluk / Foter / CC BY-NC-ND

色は白が良いけど、今、販売中の車体で緑の前期型がありました。(15/6/17現在)
要チェック♪

【チャンス☆】あの’86デリカスターワゴンがまたまた入荷中です。しかも1オーナー!!

delica2

今回は番外編です。

前回入荷があったデリカに続き、今回も、’86デリカ スターワゴンが入荷してました。

しかも、今回は下段のカタログと同じモデルです。
地味〜にウレタンバンパー+5MTで高ポイント。
前回もそうでしたが、希少なタマなのですぐに売約されるかもです。

jpeg

この潔いハコ形状、まるでVW T3ですねw

(2014/06/05現在の情報です。下に表示されて無ければ、
残念ながら掲載終了していると思います。)

今すぐチェック!!!【車体情報|カーセンサーnet|ビートレード(北海道)】

15660044734_5d73d7a5c4_h
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

週末アウトドアに最適☆VW ゴルフのアウトドア仕様 GOLF COUNTRY(カントリー)

3090395973_4e14c095aa_oPhoto credit: ilovebutter / Foter / CC BY

2代目ゴルフのフルタイム4WDモデルのGolf Syncro(シンクロ)をベースに
車高を上げ、バンパーやリアハッチにタイヤキャリアなどを付けたアウトドア仕様。
さらにルーフキャリアなんかつけて、無骨に仕上げたい。

リアバンパーのステップがカッコイイ。
フラットなんで、フォールディングチェアを横に置けば
ちょっとしたカフェテーブルになりそう。

7618298886_c8466cef2b_z

日本では1991年まで販売されていたというが、
総輸入台数はなんと110台(Wikipedia調べ)との事。
まぁ、並行輸入はまだあったにしても、かなり希少車ということは間違いない。

3090395919_5b1b8638d0_z

この希少なゴルフ カントリーが、なんと
神奈川のGarage Verdeさんで販売中です(15/06/01現在)
無料の在庫確認・見積依頼はコチラ→今すぐチェック!!!
【車体情報|カーセンサーnet|Garage Verde(神奈川県)】

それがこちら↓

golfcountry

ゴルフ カントリーの中古車 (神奈川|Garage Verde):詳細情報/カーセンサーnet

本体価格も109.9万円と手が出ないプライスではないのでは?
(でも、通常モデルのゴルフの相場から考えると2〜3倍位はするかも・・)
色もソリッドブラックで渋く決まってます。5MTというのも高ポイント◎


jpeg-1U00011874853_19_001

レザーシート&MOMOステ&サンルーフ付きです。
大人5名がしっかり乗れて、サイズの割には荷物も載ります。
サーフボードなどの長モノやキャンプ道具を詰めたRVボックスなど
載せる場合は、大人しくかわいいルーフキャリをつけましょう(笑)

こんなやつ(THULE エクスペリエンス)↓

絶対似合うかと。

U00011874853_6_001

サイドもオリジナルの「COUNTRY」ロゴデカール付きですね。
この希少なモデルに乗れるチャンスはそうそうないかと思われます。
今年の夏はゴルフ カントリーでアウトドアを楽しんじゃいましょう!

無料の在庫確認・見積依頼はコチラ→今すぐチェック!!!
【車体情報|カーセンサーnet|Garage Verde(神奈川県)】

やっぱりカングーはパリが似合う!! 2015年版〜働くカングー in Paris

パリを歩いている度に思う事・・ 「やっぱ、カングーはパリが似合うなぁ〜」と。
思わず、カメラを向けてしまいます。昔はカングー1の方がたくさん目につきましたが、
今はカングー2の商用車を良く見かけます。と言うか、働く車はカングーばっかです(笑)

まずは、お馴染み「LA POSTE(ラ ポステ)」の社用車です。
「LA POSTE(ラ ポステ)」とはフランスの郵政公社で、ポスト同様、
目の覚めるイエローが目印です。う〜ん、カワイイ。

DSC06453
DSC06456

なにげに現行モデルのACTIF(アクティフ)ではないか!!
しかし、こちらは日本仕様には無い、両サイド2DOORのモデルです。
(以前のカングー ビボップと同じ)

お次ぎは、フランスのスーパーマーケットでお馴染みの「franprix(フランプリ)」の社用車です。
「franprix(フランプリ)」は日曜日も営業していて、旅行者にも大変便利な存在です。

DSC06540こちらも2DOORモデルですが、ライト形状から1世代前のモデルですね。
コーポレートカラーの赤が効いてます。

お次ぎはマニアックですが、「briatte」、、、こちらはフローリングの寄木の会社でした。
もちろん、知りません。しかし、ブルーがキレイなのでパシャリ。
DSC04704
なにげに、それよりどでかく、白のカングー「FRANCE CARS」の社用車が写り込んでました(笑)
こちらも1世代前のモデルですね。カッティングステッカーのロゴではなく、
デカール仕上げなのであまりお金はかけていない模様。冗談です。車がキレイで好印象でした。

最後は番外編で、、カングーではなく・・
DSC06675
RENAUL Trafic(ルノー/トラフィック)です。
これは日本で見かけた事がありませんが、パリではカングーよりも
ハイエース的な感じで使われていました。

リアラダーがつけられて、長物も載せやすそうです。
また、しっかりとした箱形状なので、荷物も相当運べそうでした。
DSC06674
なんか、、、日産車みたい。NV200っぽい??
と思ったら、日産から「プリマスター」という名前で販売されていました。
しかし、いずれも正規輸入はされていない模様。この記事はカングーの記事なので
詳細は割愛しますが、おもしろい車なのでいつか掘り下げたい。

赤、青、黄色とカラフルなカングー。
パリのシックな街並にこそ映え、さらに魅力的に感じられました。

【フランスの気まぐれリンク集】
・LA POSTE
http://www.laposte.fr/
・franprix
http://www.franprix.fr/
・briatte
http://www.parquetsbriatte.fr/
・FRANCE CARS
http://www.francecars.fr/

50万以下のタマも多数!?クロカンボルボ VOLVO V70XC 2.4T やっぱりウレタンフェースは格好イイ☆

4195677163_67d20583b6_b
Photo credit: Nick / KC7CBF / Foter / CC BY-NC

このボルボには「V70XC(2000年〜)」と「XC70(2002年〜)」というモデルがある。
デザイン上は大差ないが、排気量や駆動などに違いがある為、探す際はその辺りも
念頭において探してみましょう。

通常のV70に比べ、車高が高いため乗車のし易さや、悪路の走破性が高くなっています。
ボルボなのに泥が似合いそうな所が◎ですねー。
その長い車体の為、積載性は悪くないと思いますが、是非、ルーフキャリを付けて欲しいです。
キャリアをつける事でロングボードなんかも積めちゃいます。

3243768867_8646b58bee_o
Photo credit: naezmi / Foter / CC BY-NC-SA

3243768873_5dbebbea79_o
Photo credit: naezmi / Foter / CC BY-NC-SA

これはXCではないですが、雪道にも映えますね〜黒のテッチン(笑)
内装に関してもレザーのタマも多数あり、この程度の中古価格にしては
ラグジュアリー感を味わえると思います。

内装はリンク先の各車体の写真から確認してみてください。
カーセンサーのレビューはコチラ→

 

程よい、アーバンっぽさも出ているので、
アウトドア過ぎる車体に抵抗がある方にもオススメします☆
★ちなみに緊急用!?だが、3列シート7人用のモデルもあります。

カラフル3兄弟なヴァナゴン T4 in ベルリン。あれ??アストロかと思った。黒いテッチンがカッコいい。

今月、所用でベルリンに行っておりました。
これはチャンスとばかりにヨンリン的な車を物色。
グレーのソリッドがたまらなくカッコいい、業務カーはさておき・・
みつけました、お馴染みのアストロ・・ではなく、ヴァナゴン(笑)。

red

まずは赤。
いつも日本で見かけるこの年式のヴァナゴンのボディ色は、たいてい変なグリーンか、紺。
(オーナーさんごめんなさい・・)
良くて白。でも、たいていホイールは、シルバーのテッチンかアルミを履いている気がします。
ヨンリン的には今一歩、、響きませんでした。

しかし、このソリッドな赤なんてどうでしょう? 一見、アメ車かと思いましたが、
そこはドイツ。ワゴンはほぼメルセデスかVWとドイツ車。たまにルノーなどのフランス車。

これでウレタンバンパー、サイドウインカーがオレンジだったら最高でした。

blue

お次ぎは鮮やかなブルー。
こちらもホイールはテッチンですが、シルバーでした。
しかし、ウレタンバンパー×オレンジウインカーで高ポイントです。
欧州にしては、とてもキレイに乗られてました。

green

最後は変なグリー・・ と思いきや、ダークなエメグリ。
日本のそれとは、ちょっとトーンが違いました。気のせいかも??
*ちなみに今回の写真、色やレベルなどの補正はかけてません。

お馴染みのヴァナゴンT4も、色が変ると、こうも印象が変わるものか!?と、
考えさせられた一件でした。今回はここまでですが、本当はゴツいカスタムを施された
個体や、定番の白、シルバーなど、、色々のヴァナゴンを見つけました。

この型のヴァナゴンは、本体価格40万円位〜と、価格は落ち着いているので、
こんなソリッドカラーに全塗して、黒テッチンの組み合わせなんて如何でしょうか?
工業系のグレーや、マスタード×ブラックなんて試したいものです。

gray-mustard※これは加工ですが(笑)

年式が年式なんで、多少のメンテは必要かもしれませんが、
ボディサイズも大きく、ルックスも悪くないので、ファミリー受けもするのでは!?