タグ別アーカイブ: アメ車

The American Van Life in USA, Seattle / Portland 〜 海外街歩きスナップ

昨年、秋の渡米時に収めた、とってもアメリカンなバンをメインとしたスナップ集です。

空港に到着して早々、Theアメリカンな山吹色のバンデューラがお目見え。


GMCバンデューラ(Sea-Tac International Airport)

使い込まれたシェビーバンはお尻だけキャッチ。


CHEVROLETシェビーバン(Sea-Tac International Airport)
なんと似たモデルの中古車もカーセンサーで見つけましたよ
↓ ↓ ↓
シボレー シェビー
(販売店:(有)エンドレス ガレージ・ベイサイド/石川県)*2017/2/17現在

 

今度は、シックなカラーのバンデューラです。
枯葉のブラウンと、浅いネイビーがナイスマッチ。


GMCバンデューラ(Seattle,Washington.)

トミカチックなエスティマもどことなくアメリカンに感じます。
ダサいホイールキャップを外した足回りのおかげでしょうか?


TOYOTA エスティマ(Seattle,Washington.)

 

茂みの奥に隠れるのは、FORDのカーゴバン。晴天の空にピュアホワイトが映えます。

FORD Eシリーズ カーゴバン(Seattle,Washington.)*おそらくE-150かな

そして、こちらもFORD Eシリーズの旧型
FORD Eシリーズ カーゴバン(Seattle,Washington.)

Eシリーズといえば、この車がひとつ先代(80年代位)のFORDクラブワゴンです。
(ちなみにこの時代より、商用がエコノラインという名称になったそうです。)

FORD クラブワゴン(Portland,Oregon)

ヨンリン的にはこの年代のモデルが好みです。
カッパーブラウンのやれ具合も最高。
肝心なグリルの写真を撮り忘れてしまいました、惜しい、、

お次は、、

DODGE ラムバン(Portland,Oregon)

これまたナイスカラーな初期のDODGEラムバン。
70年代の車とはいえ、かなりGOODコンディションでした。
何より街にあってます。

 


FORD F-250(Portland,Oregon)

フルサイズピックアップ、FORD F-250は
「SCHOOLHOUSE ELECTRIC&SUPPLY CO.」の裏手に鎮座。
ロケーションも相まって、カッコイイ!

*ちなみに、スクールハウス・エレクトリック&サプライカンパニーは
ポートランドのNW地区にあるオシャレなライフスタイルSHOPです。
SCHOOLHOUSE ELECTRIC&SUPPLY CO.

 

こちらはレアな90年代のFORD、エアロスター商用バン。
マット目なホワイトボディに、潔いテッチンとウレタンバンパーが◎

FORD エアロスター(Portland,Oregon)

 

リフトアップされたアストロは、まるでラジコンみたい。


CHEVROLET アストロ(Portland,Oregon)

ちなみにオレゴン州のナンバープレートは真ん中に木のモチーフがプリントされています。
オレゴントレイルを有する、自然豊かな州ならではのデザインになってます。

日本にもこんな遊び心が欲しいものです。

 

オマケ。

Lockheed Martin SR-71ブラックバード(Museum of Flight,Seattle)

これは欲しい☆ ’81 ダットサントラック720 Wキャブ。前期の丸形ヘッドがカワイイ!!

datsun
ダットサントラックの中古車 (北海道|MARCLE):詳細情報/カーセンサーnet

ヨンリン中古車情報☆
出てましたよ〜「DATSUN TRUCK(ダットサントラック/720型)」。
(日産の小型車ブランドである「ダットサン」、現在は新興市場向け
のブランド名として存在している模様。)

ダットサンといえばダットラ!そう、ダットサントラックです。
これぞまさしくヨンリンのお手本的車であり、

・あまり見かけない
・個性的
・荷物が載る
・無骨

・・・特徴をあげたら切りがありません。
年式的にはちょっと古すぎるかもしれませんが、
次のモデル、D21型になると、急に普通な感じになってしまいます。
(D21も悪くないですよm_ _m)
そこは愛着をもって大事にしていきたい所。

当時のカタログもそそります(笑)
8170441126_002397bcf1_b
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

こちらは後期の角目でシングルキャブ、いや、キングキャブwですね。
8170412687_7c0da009bf_b
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

今回の車両のポイントは
・希少な720型
・5MT
・ガソリン車(L18型/1800cc)
・5人乗り
・バイクスタンド付き☆
・マッドタイヤ
・フレーム延長 構造変更公認済
・シンプルなベージュBODY

うぅーーー、欲しい。
荷物は載るわ、人も乗るわで、何処でも連れて行ってくれそう☆

まずは、丸目4灯のグリルから
jpeg-1
激シブっす。黒のグリルにオレンジのウインカーがたまりません!!

つづいて、サイドから
jpeg-2
長っ! シングルサイズのテントが張れそう!?

そして、その荷台部分
jpeg
バイクスタンドが付いてます☆ 本当、荷物たっぷり載りそうですね。
モデルは違うけど、リアにバイクを積めばこんな感じに!?

13217852313_d709c8e2ee_h-1Photo credit: SenseiAlan / Foter / CC BY

最後はリアシート
jpeg-3
リアもしっかりとクリアランスが確保されてます。

いや〜、カッコイイ。
こんなダットラを捕まえて、この夏疾走してみませんか!?

 

今すぐチェック!!!【車体情報|カーセンサーnet|MARCLE(北海道)】

元祖ミニバン☆本当にミニなのか!?アメリカンミニバン、Chrysler Voyager(クライスラー・ボイジャー)

今回のご紹介は、元祖アメリカンミニバン☆Chrysler Voyager(クライスラー・ボイジャー)です。中でも、日本に正規輸入された3代目を中心に。

初めて見たそれは、白ボディにアメリカンレーシングのホイールを履いてフルスモーク。
リアにドラッグレース系のブランドやのアウトドアブランドのステッカーを
貼っており、何ともグッドアメリカンな仕上がりでした。すかさず車種を調べたのを覚えてます。

車幅1951mmと、何とも巨大なサイズは、お世辞にも日本ではミニバンとは言えないかなぁ・・^^;
その時、当時の私の注目車種からは外れました。
しかし、魅力は外観だけではないのです。このボイジャー、フルサイズの車格を活かし
しっかりとした3列シート(2-2-3)を採用。ゆったりと7名乗れちゃいます。

どうせミニバンに乗るなら、こんな車を選びたい。サイドの傷はご愛嬌。6363353537_7d1e392061_b
Photo credit: Spanish Coches / Foter / CC BY ※写真はキャラバン

当然ヨンリン的には、2代目の「Dodge Caravan」(別名:プリムス・ボイジャー *1)の方が
完全にヤラれてしまいますが、こちらは正規輸入されていない為、日本の中古車市場では
ほとんどみかけません。
8760782101_38dbd5f5c8_c
Photo credit: order_242 / Foter / CC BY-SA

15470607321_5d39e57a29_cPhoto credit: order_242 / Foter / CC BY-SA

背の低いハコ感がカッチョいー☆

*1・・Chrysler Voyagerは世代で様々なブランド名で販売されています。
本来はダッジのキャラバンというミニバンとして誕生しました。
クライスラーのダッジ ブランドでは「キャラバン」、プリムスブランドでは「ボイジャー」
同じくクライスラーでは「ボイジャー」(ロングモデルのグランドボイジャーも有)と
いった感じです。

 
現実的に入手可能なレベルでいくと、3代目の「Chrysler Voyager」となります。
ルックス的にオススメは前期。グリル形状がシンプルなのと(ダッジFace??)
やはりウレタンのドアノブやバンパー使いで、若干商業感のある趣が◎
4529916052_60a9b6f5e0_b
Photo credit: bsabarnowl / Foter / CC BY 
※写真はキャラバン

3773561291_879b1c36bd_o
Photo credit: Faryluk / Foter / CC BY-NC-ND

色は白が良いけど、今、販売中の車体で緑の前期型がありました。(15/6/17現在)
要チェック♪

【番外編】キャンプが100倍楽しくなる!?キャンピングカー&キャンプ仕様カー10選

01、やっぱりダントツでカッコいい「VW TYPE2(フォルクスワーゲン タイプ2)」
ルーフスペースから星空を眺めたい☆
3849552621_f66cd8e4de_b
Photo credit: nakhon100 / Foter / CC BY

02、ミニカーでしか見た事ない・・「RENAULT Estafette」
アメリカでは見た目通り、「Hi-Boy」の名前で流通してました。
頭の出っ張り具合を見ると、棚とか付いてそう。
1251641004_f22f801d95_bPhoto credit: jipol / Foter / CC BY-NC-ND

PetitPanel_60USAPF

1963- 43 674 04 03

カタログも素敵☆

 

03、続いて国産「’76 Toyota HiAce Camper Van」
この年代のバンのルックスは、たまらんですね。
2172068653_974f694941_b
Photo credit: Omer Simkha / Foter / CC BY

 

04、屋根にテントを載せてもOK! with「VW ビートル」
積載の荷重に耐えられるのか不安ですが・・。
14901747439_dbcb0c40ff_c
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

05、バスフェイスがカワイイ「dodge A100」
A100は、たまに中古で見かけますが希少ですね。アメリカンなツートンも◎
15878820128_27d341812d_c
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

06、モデル名不明の「Mercedes-Benz Camping Car」
キャンプというよりはキャラバン仕様!?これはもう、家ですね。
9006840246_b69db2620a_zPhoto credit: Raymondo166 / Foter / CC BY-ND

07、キャンプサイトで目立つ事間違いなし!ドイツ連邦軍「Mercedes-Benz T2(’88 609D)」
救急仕様というか、本物の軍の救急車です。
6411861463_e1e5b65cce_b
Photo credit: FaceMePLS / Foter / CC BY

08、目立つ、ついでで「Land Rover 101」
ルーフテントの眺望良さそうですね。カラーリングもマッチしてます。
2872461140_5a670f8055_bPhoto credit: andy_carter / Foter / CC BY

09、スモールカーでも牽引すれば大丈夫!!
4007430382_c099ca5b0a_o
Photo credit: annrkiszt / Foter / CC BY

CITROEN 2CVでも牽引出来ます^^
sorry-chapeau
Photo credit: Jesper2cv / Foter / CC BY-NC-ND

10、プラモデルの「シボレー CHEVY OPEN ROAD」
実車がなんと中古車で出てました♪
chevy-mini
販売店のK&K GARAGE さんの情報によると、ラスベガスのオーナーさんより
譲り受けたモデルで、国内未登録の並行輸入車だとの事。
本体価格88.9万円としっかりアンダー100万で買いやすいですね。
年式相応のメンテは必要だと思いますが、かわいい存在になってくれそうです。

【この車両は掲載終了しております】
jpeg
jpeg-2jpeg-1

今すぐチェック!!!【車体情報|カーセンサーnet|K&K GARAGE(北海道)】

I LOVE U.S.A☆古き良きアメリカの風を感じてみませんか?フォード ブロンコ(アーリーブロンコ)

4201500832_c423cd146b_o
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

初代ブロンコ、通称「アーリーブロンコ」の名前で呼ばれるSUV。
2代目、3代目・・と大型化されたが、この時代(1966-77)のブロンコはコンパクトでした。

6505413501_09e4f81dee_b
Photo credit: Cauldron Graphix / Foter / CC BY

この車でフィールドまで走るだけで、あこがれのピクニックスタイルが完成です。
こんな感じで牽引していたら目立つだろーな〜。

5928784643_0ff1726528_b
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

アーリーブロンコはやっぱツートンがカワイイ。

4043099549_66ea7f0bc4_b
Photo credit: awduthie / Foter / CC BY-SA
5252720828_5c373474b1_b
Photo credit: brianc / Foter / CC BY

14187899269_5d0e569e87_c
Photo credit: Cauldron Graphix / Foter / CC BY-NC-SA

【この車が出てくるシネマ】
海外ドラマ「LOST」

やっぱりアメ車☆若干小さめで好印象ミドルサイズSUV。ダッジ「デュランゴ」。

4471099352_b316c9df2b_z
Photo credit: MSVG / Foter / CC BY

顔が良い。
ダッジの特徴でもある、
ブタ鼻グリルが何とも言えず良い。
あのキムタクも乗っていたらしい。(←どうでも良いが^^;)

アメリカのSUVにしてはミドルサイズのボディで
丁度良いサイズ。な〜の〜に、
5.9リッターのV8エンジン搭載なのだ。
(排気量は5.9リッター以外もあるので注意)

このデュランゴに惹かれた点は、
・車幅が1800mm(ランクル60と同じ)
・3列シート(7人乗れる)
・程よいイカつさ
・ウインカーラインがきいている(好み)

書き出すとそんなに無いな・・。
燃費も・・・だし、
アメ車らしいアメ車でもない。
でもそこが好き。という方へ。
ヨンリン的には、2003年までの、
初代モデル+黒グリル+オレンジウインカー+リフトなし をオススメします。
(2代目以降はイカつすぎるかな〜。。)

デュランゴの新/旧について、詳しくはアメ車ワールドのインプレをご参考に。
http://www.amesha-world.com/testride/detail.php?id=201

↓この記事も詳しい(アメ車ワールドより)
http://www.amesha-world.com/regulararticles/detail.php?id=1094

やっぱり広大な土地が似合う!?
http://i473.photobucket.com/albums/rr93/kya_888/IMG_6675.jpg