カテゴリー別アーカイブ: VOLKS WAGEN

本場ではゲタ車!? VW カラベル/ヴァナゴン・T3 in ベルリン

以前、記事を書いていたヴァナゴン・カラベル T3 ですが、
フォルクスワーゲンのお膝元ドイツでは、まだまだ現役でわんさか走ってます。

今回はベルリン市内で見かけたヴァナゴン達を少しですが紹介します。
DSC06771

石畳の道路を囲む閑静な住宅街の中、オリジナルカラーのヴァナゴンが鎮座。
と、思いきや・・

DSC06766

二台並んでました。(笑)
手前は角目、奥は丸目のそれぞれウエストファリア仕様でした。
(奥のヴァナゴンはマットブルーにALL再塗装されてました。)

それぞれのお顔とお尻も拝見。。

DSC06767

DSC06768

DSC06770DSC06769

ゴツいキャリアこそ付いてましたが、ステッカーなどは控えめですね。
なんちゃってステッカーをいっぱい貼るより、逆に本気度が高く感じました。

DSC06738

お次ぎもマットカラー仕上げのヴァナゴン。
この仕様はカスタムか!?樹脂製のルーフがついてました。

DSC06740

何の用途なんでしょうか?
もう少し細部を見せてもらえば良かった・・

DSC06732

最後は走るヴァナゴンです。
こちらもまた、ルーフがカスタムっぽいです。

ベルリンのブルーの空とシックな街中のカラーに
良く似合ってました。

ちゃっかり2台後ろに、
D/グリーンのT4がいるところも◎

【番外編】キャンプが100倍楽しくなる!?キャンピングカー&キャンプ仕様カー10選

01、やっぱりダントツでカッコいい「VW TYPE2(フォルクスワーゲン タイプ2)」
ルーフスペースから星空を眺めたい☆
3849552621_f66cd8e4de_b
Photo credit: nakhon100 / Foter / CC BY

02、ミニカーでしか見た事ない・・「RENAULT Estafette」
アメリカでは見た目通り、「Hi-Boy」の名前で流通してました。
頭の出っ張り具合を見ると、棚とか付いてそう。
1251641004_f22f801d95_bPhoto credit: jipol / Foter / CC BY-NC-ND

PetitPanel_60USAPF

1963- 43 674 04 03

カタログも素敵☆

 

03、続いて国産「’76 Toyota HiAce Camper Van」
この年代のバンのルックスは、たまらんですね。
2172068653_974f694941_b
Photo credit: Omer Simkha / Foter / CC BY

 

04、屋根にテントを載せてもOK! with「VW ビートル」
積載の荷重に耐えられるのか不安ですが・・。
14901747439_dbcb0c40ff_c
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

05、バスフェイスがカワイイ「dodge A100」
A100は、たまに中古で見かけますが希少ですね。アメリカンなツートンも◎
15878820128_27d341812d_c
Photo credit: Hugo90 / Foter / CC BY

06、モデル名不明の「Mercedes-Benz Camping Car」
キャンプというよりはキャラバン仕様!?これはもう、家ですね。
9006840246_b69db2620a_zPhoto credit: Raymondo166 / Foter / CC BY-ND

07、キャンプサイトで目立つ事間違いなし!ドイツ連邦軍「Mercedes-Benz T2(’88 609D)」
救急仕様というか、本物の軍の救急車です。
6411861463_e1e5b65cce_b
Photo credit: FaceMePLS / Foter / CC BY

08、目立つ、ついでで「Land Rover 101」
ルーフテントの眺望良さそうですね。カラーリングもマッチしてます。
2872461140_5a670f8055_bPhoto credit: andy_carter / Foter / CC BY

09、スモールカーでも牽引すれば大丈夫!!
4007430382_c099ca5b0a_o
Photo credit: annrkiszt / Foter / CC BY

CITROEN 2CVでも牽引出来ます^^
sorry-chapeau
Photo credit: Jesper2cv / Foter / CC BY-NC-ND

10、プラモデルの「シボレー CHEVY OPEN ROAD」
実車がなんと中古車で出てました♪
chevy-mini
販売店のK&K GARAGE さんの情報によると、ラスベガスのオーナーさんより
譲り受けたモデルで、国内未登録の並行輸入車だとの事。
本体価格88.9万円としっかりアンダー100万で買いやすいですね。
年式相応のメンテは必要だと思いますが、かわいい存在になってくれそうです。

【この車両は掲載終了しております】
jpeg
jpeg-2jpeg-1

今すぐチェック!!!【車体情報|カーセンサーnet|K&K GARAGE(北海道)】

週末アウトドアに最適☆VW ゴルフのアウトドア仕様 GOLF COUNTRY(カントリー)

3090395973_4e14c095aa_oPhoto credit: ilovebutter / Foter / CC BY

2代目ゴルフのフルタイム4WDモデルのGolf Syncro(シンクロ)をベースに
車高を上げ、バンパーやリアハッチにタイヤキャリアなどを付けたアウトドア仕様。
さらにルーフキャリアなんかつけて、無骨に仕上げたい。

リアバンパーのステップがカッコイイ。
フラットなんで、フォールディングチェアを横に置けば
ちょっとしたカフェテーブルになりそう。

7618298886_c8466cef2b_z

日本では1991年まで販売されていたというが、
総輸入台数はなんと110台(Wikipedia調べ)との事。
まぁ、並行輸入はまだあったにしても、かなり希少車ということは間違いない。

3090395919_5b1b8638d0_z

この希少なゴルフ カントリーが、なんと
神奈川のGarage Verdeさんで販売中です(15/06/01現在)
無料の在庫確認・見積依頼はコチラ→今すぐチェック!!!
【車体情報|カーセンサーnet|Garage Verde(神奈川県)】

それがこちら↓

golfcountry

ゴルフ カントリーの中古車 (神奈川|Garage Verde):詳細情報/カーセンサーnet

本体価格も109.9万円と手が出ないプライスではないのでは?
(でも、通常モデルのゴルフの相場から考えると2〜3倍位はするかも・・)
色もソリッドブラックで渋く決まってます。5MTというのも高ポイント◎


jpeg-1U00011874853_19_001

レザーシート&MOMOステ&サンルーフ付きです。
大人5名がしっかり乗れて、サイズの割には荷物も載ります。
サーフボードなどの長モノやキャンプ道具を詰めたRVボックスなど
載せる場合は、大人しくかわいいルーフキャリをつけましょう(笑)

こんなやつ(THULE エクスペリエンス)↓

絶対似合うかと。

U00011874853_6_001

サイドもオリジナルの「COUNTRY」ロゴデカール付きですね。
この希少なモデルに乗れるチャンスはそうそうないかと思われます。
今年の夏はゴルフ カントリーでアウトドアを楽しんじゃいましょう!

無料の在庫確認・見積依頼はコチラ→今すぐチェック!!!
【車体情報|カーセンサーnet|Garage Verde(神奈川県)】

カラフル3兄弟なヴァナゴン T4 in ベルリン。あれ??アストロかと思った。黒いテッチンがカッコいい。

今月、所用でベルリンに行っておりました。
これはチャンスとばかりにヨンリン的な車を物色。
グレーのソリッドがたまらなくカッコいい、業務カーはさておき・・
みつけました、お馴染みのアストロ・・ではなく、ヴァナゴン(笑)。

red

まずは赤。
いつも日本で見かけるこの年式のヴァナゴンのボディ色は、たいてい変なグリーンか、紺。
(オーナーさんごめんなさい・・)
良くて白。でも、たいていホイールは、シルバーのテッチンかアルミを履いている気がします。
ヨンリン的には今一歩、、響きませんでした。

しかし、このソリッドな赤なんてどうでしょう? 一見、アメ車かと思いましたが、
そこはドイツ。ワゴンはほぼメルセデスかVWとドイツ車。たまにルノーなどのフランス車。

これでウレタンバンパー、サイドウインカーがオレンジだったら最高でした。

blue

お次ぎは鮮やかなブルー。
こちらもホイールはテッチンですが、シルバーでした。
しかし、ウレタンバンパー×オレンジウインカーで高ポイントです。
欧州にしては、とてもキレイに乗られてました。

green

最後は変なグリー・・ と思いきや、ダークなエメグリ。
日本のそれとは、ちょっとトーンが違いました。気のせいかも??
*ちなみに今回の写真、色やレベルなどの補正はかけてません。

お馴染みのヴァナゴンT4も、色が変ると、こうも印象が変わるものか!?と、
考えさせられた一件でした。今回はここまでですが、本当はゴツいカスタムを施された
個体や、定番の白、シルバーなど、、色々のヴァナゴンを見つけました。

この型のヴァナゴンは、本体価格40万円位〜と、価格は落ち着いているので、
こんなソリッドカラーに全塗して、黒テッチンの組み合わせなんて如何でしょうか?
工業系のグレーや、マスタード×ブラックなんて試したいものです。

gray-mustard※これは加工ですが(笑)

年式が年式なんで、多少のメンテは必要かもしれませんが、
ボディサイズも大きく、ルックスも悪くないので、ファミリー受けもするのでは!?

荷物をたくさん積んで、バタバタ走ろう!!VWタイプ3 バリアント(フォルクスワーゲン タイプIIIバリアント)

524915988_aac6d7fd8e_oPhoto credit: Count Rushmore / Foter / CC BY-NC-SA

VWの空冷水平対向4気筒サウンドを聞いた事ありますか?
まずはコチラをチェック♪

※コチラの動画の車体はカスタムされているので、実際には現車を確認してくださいね。

バタバタ言ってますね〜〜。こんな音をキャンプサイトに響かせましょう(冗)
ヨンリンが特にオススメするのが、ステーションワゴンタイプの「バリアント(スクエアバック)」。
後部座席が倒れる事で中々の量の荷物が積めます。アウトドア/キャンプへもピッタリ!
また、横幅が1605mmと狭いので幅広車が嫌いな方にも◎

3395271709_2244494ab3_b
Photo credit: allenthepostman / Foter / CC BY-SA

3898572680_5e7788517f_b
Photo credit: Basic Transporter / Foter / CC BY-NC

こんな顔した車、中々キャンプサイトで出会えません。
8728672813_db74de496a_c
Photo credit: Nico86* / Foter / CC BY-NC-ND

もちろんフロント窓には「三角窓」が付いてます。(エアコン付きのタマも有りますよ。)
運転する楽しみ、積載性の高さ、ルックスの良さ。。色々詰まったヴァリアントなのでした。

203375595_5ccf5b3432_b
Photo credit: MGSpiller / Foter / CC BY-SA
この車に乗った方は是非キャリアを付けて欲しい^^

貨物車フェイスのアウトドアオールラウンダー。フォルクスワーゲン「カラベル/ヴァナゴン・T3」

8604263920_015b2e7d44_z
Photo credit: pim (pimbert) rdwrt / Foter / CC BY-NC-ND

キャンプに行くとだいたい一台は見かけるこのVWカラベル/ヴァナゴン。
現代車にはない潔さに憧れます。ソリッドカラーのネイビー×ブルーや
ブラウン(バーガンディー?)など純正カラーも素敵です。

ヨンリン的には“The商用車”なソリッドホワイトも◎
↓↓↓
http://mint2me.com/wp-content/uploads/2013/03/VW-Vanagon-Synchro-fr.jpg
ルーフのバスケットが泣かせますね。
細かい事を言うと、ヘッドライトは丸目の方が好きだが。

10518134895_255dd4521c_z
Photo credit: linie305 / Foter / CC BY-NC-SA

この軍用車っぽいカラーリングもベストマッチ。

一度、中古車フェアで実車に乗った事がありますが
運転席はまるでバス。見切りも良く運転しやすいと思います。
写真で見るとあまり大きく感じませんが、
実際は幅もオーバー1.8M(1854mm)と大きめなので
取り回しは決して良く無いかも・・。

内装に関しては2列目シートが2席の
2-2-3。これも理想のオールドラグジュアリースタイル☆
3列目のシートは前に倒れるので、荷物もかなり載りそう。
(*いくつか仕様あり。)

機関的には、所有していた方に話を聞いた所、
「ノントラブルだった」という声と、「トラブルばかりだった」という声があり、意見が分かれた。
年式が年式なので、良いタマに当たらないと苦労しそう・・。

しかし、そんな事をどうでも良く思わせてしまう仕様が
キャンプ・アウトドア仕様の「WESTFALIA(ウエストファリア)」。
内装にはキッチンや冷蔵庫があったり、シートがベッドにもなったり
なんといっても、天井を跳ね上げた空間で寝れちゃいます。
フィールドに繰り出せば、車中泊ができ
テントいらずで羨ましい!!

9885130843_5128a7fdd0_o
Photo credit: jbuhler / Foter / CC BY-NC-SA

キャンプサイトにカラベル/ヴァナゴンが一台あれば
車の横にタープを貼って、テーブル出しての〜んびり。
テントやキッチン周りの道具を出さなくていいから
素早く設営&撤収出来る事間違いなし!
いつかはこれにチャリやらサーフボードやら積んで
日本一周とかしたいなぁ〜 ・・と妄想^^

う〜ん良い!

※ちなみに、ヤナセが輸入販売していたモデル名が「カラベル」で
VWの日本法人が販売していたモデルが「ヴァナゴン(バナゴン)」と同一車種である。

【ヨンリン的、きまぐれ評価】
外    観  ★★★★★
アウトドア度  ★★★★★
フリーダム度  ★★★★☆

ポルシェ博士の愛すべきカブトムシ。フォルクスワーゲン「ビートル」(タイプ1)

暑さにかまけて前回から間があいてしまいました・・^^;
さぁ、気分を変えて今日は「ビートル」ことフォルクスワーゲン タイプ1のご紹介。

747077391_d6f3be584d_z
Photo credit: Telstar Logistics / Foter / CC BY-NC

その個性的なルックスから、知らない人はいないだろう。
「フォルクスワーゲン」=「ワーゲン」=「ビートル」という程
メジャーな車だが。なんとビックリ、正式名称は「タイプ1」であり
「ビートル」というのは正式な車名ではない。
超メジャーな車なので、詳細はWikipediaさんにお願いして、
ヨンリン的角度からこの車をみてみたいと思う。

まず、圧倒的なデザイン、存在感は他にはないこの車最大の魅力。
走りいく空冷サウンドも特徴的でカッコイイ。
外遊びでも使いたければ、やっぱり、キャリアは付けたい。

↓↓↓サーフボードだってこの通り
http://images.thesamba.com/vw/gallery/pix/864621.jpg

↓↓↓リアのバンパーにハメ込んだりも
http://lymanhall.smugmug.com/Cars/VW/i-JfhFc2n/0/L/IMGP3712-L.jpg

↓↓↓ビートルのキャリアはルーフだけではなくリアのボンネット上にも付けられる。
http://img0068.popscreencdn.com/119330464_vw-type-1-bug-vintage-rear-deck-lid-luggage-rack-ebay.jpg

【ヨンリン的、きまぐれ評価】
カブトムシ  ★★★★★
クラシック  ★★★★☆
積 載 量  ★☆☆☆☆

※運転の際、フェンダーが死角となりブツけやすいらしい・・。要注意。
Special Thanks Suzuki sun!