カテゴリー別アーカイブ: ハッチバック

週末アウトドアに最適☆VW ゴルフのアウトドア仕様 GOLF COUNTRY(カントリー)

3090395973_4e14c095aa_oPhoto credit: ilovebutter / Foter / CC BY

2代目ゴルフのフルタイム4WDモデルのGolf Syncro(シンクロ)をベースに
車高を上げ、バンパーやリアハッチにタイヤキャリアなどを付けたアウトドア仕様。
さらにルーフキャリアなんかつけて、無骨に仕上げたい。

リアバンパーのステップがカッコイイ。
フラットなんで、フォールディングチェアを横に置けば
ちょっとしたカフェテーブルになりそう。

7618298886_c8466cef2b_z

日本では1991年まで販売されていたというが、
総輸入台数はなんと110台(Wikipedia調べ)との事。
まぁ、並行輸入はまだあったにしても、かなり希少車ということは間違いない。

3090395919_5b1b8638d0_z

この希少なゴルフ カントリーが、なんと
神奈川のGarage Verdeさんで販売中です(15/06/01現在)
無料の在庫確認・見積依頼はコチラ→今すぐチェック!!!
【車体情報|カーセンサーnet|Garage Verde(神奈川県)】

それがこちら↓

golfcountry

ゴルフ カントリーの中古車 (神奈川|Garage Verde):詳細情報/カーセンサーnet

本体価格も109.9万円と手が出ないプライスではないのでは?
(でも、通常モデルのゴルフの相場から考えると2〜3倍位はするかも・・)
色もソリッドブラックで渋く決まってます。5MTというのも高ポイント◎


jpeg-1U00011874853_19_001

レザーシート&MOMOステ&サンルーフ付きです。
大人5名がしっかり乗れて、サイズの割には荷物も載ります。
サーフボードなどの長モノやキャンプ道具を詰めたRVボックスなど
載せる場合は、大人しくかわいいルーフキャリをつけましょう(笑)

こんなやつ(THULE エクスペリエンス)↓

絶対似合うかと。

U00011874853_6_001

サイドもオリジナルの「COUNTRY」ロゴデカール付きですね。
この希少なモデルに乗れるチャンスはそうそうないかと思われます。
今年の夏はゴルフ カントリーでアウトドアを楽しんじゃいましょう!

無料の在庫確認・見積依頼はコチラ→今すぐチェック!!!
【車体情報|カーセンサーnet|Garage Verde(神奈川県)】

前後3人乗り!?ドライブの新しいコンセプト・・だったはず。楽しみかたはあなた次第☆フィアット ムルティプラ

まずは実車を見に行ってください。
サイズ感は全長4mに満たない、非常にコンパクトな設計です。
13452836975_35981d5f33_c
Photo credit: harry_nl / Foter / CC BY-NC-SA

13452935383_a316870b60_c
Photo credit: harry_nl / Foter / CC BY-NC-SA

その異様な出で立ちは「世界で最も醜い車」と評されたほど^^;
若干乗るのに勇気がいるかもしれないが、前に3人乗ってのドライブを想像してみてください。
しかもこの車、運転席以外のシートが取り外し可能なんです!!
7088285809_be1712960f_c
Photo credit: DaveOnFlickr / Foter / CC BY-SA

FI_S013_F001_M001_6_L
画像転載元:カーセンサーnet http://www.carsensor.net/catalog/fiat/multipla/F001/M001G001/

この空間は唯一無二かと思われます。
今なら(2015年2月現在)、100万以下で乗り出せるタマが多数ありますよ。(といっても20台くらい)

要チェック!!!

こんぱくと、かくかくしかじかFIAT「PANDA(パンダ)」。ジウジアーロの本領発揮!

46553122_2e53c9c2de_o
Photo credit: bongo vongo / Foter / CC BY-SA

今朝、サッカー日本代表が残念ながらイタリアに負けたので、、、
関係ないけどイタ車をご紹介。(2013/06/20)

コンパクト&POPなイタ車のひとつといえば、
間違いなくFIAT「PANDA(パンダ)」が挙げられるだろう。
いまや、こんなにかくかくしたコンパクトカーは少ないのでは!?

コンパクトいえど、間違っても軽自動車ではない。
強烈な黄色のナンバープレートを背負わなくても良い。

私も昔、イタ車のバイクに乗っており(ジレラ・ランナー200というスクーター)
このPANDAに興味を持ちディーラーへ行った事がある。
ディーラーマンは一言目に、
「イタリア車ですからねぇ〜、付き合い方を分かってないと・・」と言い放った。
要はマイナートラブルは大目に見ろよと・・。 色々悩んだあげく、購入へはいたらなかった。

16070263166_a350c3ee3a_z
Photo credit: order_242 / Foter / CC BY-SA

扱いやすいサイズ感、カワイイけど無骨なルックス、
仕様やカラーも沢山あり、選ぶ楽しみもある。
また、リアシートを畳めば、このサイズにしては驚きの荷室空間を生み出す。
(※現行型はさらに居住空間、積載量共にアップしているが、丸っこいのがね〜・・。)
インパネ周りも、シンプルそのもの。
タバコを吸われる方には嬉しい大容量の灰皿が取り付けられます(笑)
↓右端の箱みたいなのが可動式の灰皿
http://www2.plala.or.jp/Kinoko/cars/45/pocket.jpg

代表的であり、最初は「?」と思う用語に、「セレクタ」というのがある。
これは「AT(オートマチック)」と理解すれば良いと思う。
詳細は割愛するので、他サイト等で調べてほしい。

なんといってもこの「PANDA」。
あのイタリアの巨匠であり、私の大好きなデザイナー、
ジウジアーロ」率いる、イタルデザインのデザインなのである^^v
どうりで、かくかくでしょ??

並んでもカワイイ。
8019594353_a872187f30_z
Photo credit: Neil Melville-Kenney / Foter / CC BY-NC-SA

こんな感じでアクティブに走れたら最高!!
↓↓↓
http://www.gocompare.com/coveredcontent/coveredimages/112708/PandaOld.png

【ヨンリン的、きまぐれ評価】
外   観  ★★★☆☆
積 載 量  ★★☆☆☆
オススメ度  ★★☆☆☆